総量規制なしのキャッシングを比較する方法

総量規制とは多重債務者を生み出さないように年収の三分の一までの金額しかお金を貸し出してはいけないという決まりのことです。
総量規制は貸金業法に登録している金融機関に適用されます。
貸金業法に登録する必要がある金融機関は消費者金融会社や信販会社などです。
総量規制が適用されないキャッシングのサービスは銀行や信用金庫、信用組合などといった貸金業法に登録する必要がない金融機関が提供するものとなります。
銀行や信用金庫、信用組合などといった金融機関は金利は総じて低めの設定となっていて、金利で比較しても決め手に欠ける点があるかも知れません。
銀行や信用金庫、信用組合などといった金融機関は審査を厳しくしているので利用者は返済能力が高い人が多いため、あまり金利を高くしなくても貸し倒れのリスクが少ないためです。
銀行や信用金庫、信用組合などといった金融機関でサービス内容の差が大きいのは、キャッシングを利用するお客様の手元に借り入れたお金が来るまでの融資スピードの速さになります。
申し込んだその日に即日で振り込まれるということは少なく、場合によっては申し込んだ日から一週間ぐらいの時間がかかることも銀行や信用金庫、信用組合などといった金融機関では珍しいことではないので、早くお金を手に入れたい人にとっては重要な比較するポイントになります。
急いでお金を手に入れたい人は融資スピードを基準にして、時間に余裕がある人は金利で比較するのが良い方法です。
参考